総務省I-Challenge!の交付決定が発表されました

Posted by on 12月 8, 2016 in お知らせ



総務省「ICTイノベーション創出チャレンジプログラム(I-Challenge ! )」採択のご報告。

この度弊社は、総務省主管による「ICTイノベーション創出チャレンジプログラム(I-Challenge !)」の公募に採択されました。下記のようにメロディ・インターナショナル株式会社は、平成28年11月11日総務省により交付決定書を受理いたしました。

□課題名:
「妊産婦と医師、助産師の健康管理コミュニケーションプラットフォームとクラウド型胎児心拍計の開発」
□研究開発機関:メロディ・インターナショナル株式会社
(12ヶ月の事業期間の内、平成28年度分交付決定額:28,041,000円)
□事業化支援機関:合同会社SARR
(12ヶ月の事業期間の内、平成28年度分交付決定額:2,553,000円)

弊社は、妊婦さんの遠隔診療プラットフォームを推進するために、2015年7月に設立された香川発のスタートアップ企業です。
本補助事業は、総務省が情報通信審議会中間答申を踏まえ、革新的な技術シーズやアイデアを持ち新事業の創出に挑戦するベンチャー企業を資金面で支援するのが目的の補助制度です。1年間に1億円を上限(補助率2/3)とした補助が行われます。

【総務省ホームページ】
http://www.soumu.go.jp/menu_seisaku/ictseisaku/ictR-D/ichallenge/index.html
本年度の採択は全国で3件のみであり、香川県では弊社が本事業始まって以来初めてとなります。本補助制度では、同時にベンチャー企業のビジネス化に向けた資金調達やハンズオン支援を、総務省により選定されたベンチャーキャピタル(VC)等の事業化支援機関が担います。弊社に対しましては、科学技術の商業化を得意とするVCである合同会社SARR(サール:京都)が事業化支援機関となります。

本事業を通して、全国幾つかの地域で妊婦さんに対してモニター調査を行い、事業化を促進すると共に、香川発の遠隔診療を世界に拡げてまいります。

平成28年度 ICTイノベーション創出チャレンジプログラム(I-Challenge!)に係る補助金の交付決定

Leave a Reply

CAPTCHA