About us
私たちについて

  1. ホーム
  2. 私たちについて

企業理念

「世界中のお母さんに、安心・安全な出産を!」

医療と健康をICTで支えます。妊婦さんと赤ちゃんの健康管理プラットフォーム “Melody i”を用いて、世界中の妊婦さんと医師のコミュニケーション・プラットフォームを構築します。

経営方針

  1. スタッフ一人一人が目標を持って行動します。
  2. 産学官事業や、学術的な取組を企業の側から支えます。
  3. 常に新しい技術や考え方を柔軟に取り入れます。
  4. 課題解決のためなら、世界中地域を問いません。
  5. お客さまの困っていることや喜ぶ顔を第一に考えます。

会社概要

会社名 メロディ・インターナショナル株式会社
住所 〒761-0301 香川県高松市林町2217-44ネクスト香川304 [Google Maps]別ウィンドウで開く
電話 087-813-7362
FAX 087-813-7361
設立 平成27年7月27日
資本金 59,566,850円
CEO 尾形優子
事業概要 遠隔医療サービスにかかるプラットフォームと医療機器の製造、開発および販売

医療機器製造業(登録番号 37BZ200022)2016年5月
第二種医療機器製造販売業(許可番号 37B2X10004)2017年2月
プライバシーマーク(登録番号 第27000181(01)号)2017年9月
高度管理医療機器等販売業・貸与業(高管販・高管貸・高保生 第2290180号)2017年12月

ボードメンバー

豊富な経験を持つ経営陣により構成されます。さらに顧問には、現在世界標準となっている分娩監視装置の基本原理の発明者(1974年)である2名、原量宏 香川大学瀬戸内圏研究センター特任教授(当時:東京大学産婦人科)、竹内康人 香川大学 瀬戸内圏研究センター 客員教授(当時:横河ヒューレットパッカード)が就任されています。大学の優れた技術のイノベーション及びビジネス化に取り組むメンバーです。

尾形優子
尾形優子
Founder & CEO
生涯において2度目の創業。1度目は日本初の産婦人科電子カルテの事業化に成功。Japan Venture Awards 2009 中小企業長官表彰を受賞。インターネットと医療ICTの創世紀からの経験を生かし、妊婦さんと赤ちゃんの安心・安全のための周産期遠隔医療プラットフォームの構築とビジネス化を目指す。
二ノ宮啓治
二ノ宮啓治
CIO
法政大学哲学科。卒業後、家業の印刷会社にて営業の第一線で活躍するも、経営参画直後に倒産。経営陣としての初仕事は、債権者集会、残債の処理、別資本への社員・設備の引き継ぎとなる。マネジメントの重要性を痛感し、香川大学にてMBA取得。ISO9001品質管理責任者の経験を医療機器の品質管理に生かす。
高木知巳
高木知巳
CFO
早稲田大学政治経済学部卒業後、新卒で日本合同ファイナンス(現・ジャフコ)入社。London Business SchoolにてMBA取得。長年、同日本同窓会会長を務める。アイビス・キャピタル・パートナーズを経て、2012年香川大学大学院地域マネジメント研究科准教授に就任。「事業創造論」を担当。気が向けば、片道36kmの道のりを自転車通勤する健脚。
河野弘就
河野弘就
CMO
システムエンジニアとして通販会社の株式上場を支える。前職(株)ミトラに技術職として入社後はマーケティング企画室を経てトップ営業となり、遠隔医療事業責任者に着任。
2016年1月より現職。医療システムの開発のキャリアを生かした、誠実で信頼度の高い営業と開発へのスムーズなフィードバックを行う。
休暇は南アフリカの医師から教わったロードバイクで長距離サイクリングを楽しんで、自転車四国1周旅などをしている。
松田一敬
松田一敬
Director
山一證券(株)ロンドン現地法人にて、中東、アフリカ、東欧諸国等を担当。その後、国内初の地域密着型VCを設立。2011年に合同会社SARRを設立。INSEADにてMBA取得、北海道大学大学院医学研究科博士課程修了(医学博士)。医療系ベンチャーのアクセレレータとして、多くのスタートアップを支援。文部科学省科学技術・学術審議会委員等公職多数。